2007年07月13日

XHTLが記述しやすいテキストエディタ




ブログ、再開しマース。半年間お休みしていました。
申し訳ありません。m(__)m

前回の記事が「あけましておめでとうございます」ですから
いやはや何ともです。

これからもがんばりますのでよろしくお願いします。

この記事は私が発行しているメルマガと重複していますが
購読されていない方のために必要と思われる記事を抜粋して掲載しています。

XHTML+CSSの理解が出来るようなブログにしていきますので
よろしくお願いします。

┼──────────────────────────
HTML Project2のダウンロード
──────────────────────────┼

下のアドレスをクリック

http://www1.ttcn.ne.jp/~kaneto/hproj2/htmlproject2.html

【ソ フ ト名】 HTML Project2 ver.7.4.3.0
【ファイル名】 hprj2743.exe(インストーラ付)/を、
デスクトップに
ダウンロードしてください。

ダウンロードしたアイコンをダブルクリックして、実行をクリックします。
インスト−ルの画面が始まります。
インストール先フォルダを作成していなくても、自動的にフォルダを
作成してくれるので、
「次へ」と進んでいきましょう。

インストールが完了したら、デスクトップに「HTML Project2」という
アイコンが出来ているのを確認しましょう。
それをダブルクリックして起動できればOKです。
ダウンロードした「hprj2743.exe」は削除しても良いです。


┼──────────────────────────
XHTMLについて
──────────────────────────┼
XHTMLはHTMLの正式な後継規格として策定された規格で、
HTMLではフォントサイズや色といったデザインの指定ができましたが、
XHTMLでは文書構造の指定に特化しており、
スタイルやレイアウトの指定はすべてCSSによって
行われるようになっている。

何だかわかりづらいですよね。簡単に言えば、

文章の構造とデザインを分けて考えましょう

と言うことなのです。

デザインの部分をCSSファイルにすることによって、デザインの管理が
しやすくなるのです。
と言うことは、デザインの変更があっても、CSSファイルを変更するだけで
Webサイトのデザインが変更できると言うことなのです。

今回はここまでです。
タグ:XHTML CSS
posted by ひろりん at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | やってみよう!XHTML+CSS
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。