2008年03月06日

☆もういちど基礎から始める(X)HTML+CSS vol.1


再開し始めたメルマガのバックナンバーです

**********************************************************************
☆もういちど基礎から始める(X)HTML+CSS vol.1
**********************************************************************
このメルマガはあくまでも初心者の方を対象にしていますので
あまり、難しい理論は語りませんのであしからず。
それでも充分理解できるように書きますので最後まで読んでくださいね

今回は、(X)HTMLの「DOCTYPE宣言/XML宣言」についてです。

HTML4.01 の宣言は


<!DOCTYPE HTML PUBLIC"-//W3C//DTD HTML4.01 Transitional//EN"
"http://wwww.w3.org/TR/html4/loose.did">


と宣言しておけば
IE6,Firefox,Netscape,Opera,safari の各ブラウザの「標準モード」で問題なく
表示されました。

しかし、(X)HTML1.0 には「Strict」「Transitional」「分類なし」という
3種類の分類があります。またこの3種類の分類にはそれぞれ2種類の宣言が
あり、その宣言の種類によって上記のブラウザの
「標準モード」か「互換モード」による表示が違うという面があります。

まったく面倒ですね。

2種類の宣言というのは「XML」を宣言するかどうかの違いです。

そこで、このような種類の多い(X)HTMLですが、このメルマガでは

以下の***********で囲まれている宣言で講座を進めていきます。

******************************************************************

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

******************************************************************

あえて「XML」は宣言しません。
以下のようになります。


<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
"http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html lang="ja">
<head>
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<link rel="stylesheet" href="●●●" type="text/css">
<meta name="Keywords" content="●●●">
<meta name="Description" content="●●●">
<title>●●●</title>
</head>
<body>

<!--ここにコンテンツ-->

</body>
</html>


上記のソースをコピーし「宣言」と名前をつけて拡張子「.txt」で保存してくだ
さい。
タグ:CSS XHTML
posted by ひろりん at 15:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | メルマガバックナンバー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。